先輩社員インタビュー

今村 啓吾
お客さまの夢を形にする
責任の重さは、
やりがいの大きさでもある
2015年入社 東営業所 今村 啓吾
今村 啓吾インタビュー

人とのつながりを大切にする姿勢に
社会で働く目的を見つけた。

なぜ、アイワホーム?住宅を売ることに抵抗はなかった?

学生時代のアルバイト経験から、人と触れ合える仕事を希望していました。さまざまな業種を検討しましたが、責任重大で一番自分には難しいと感じていたのが住宅営業。参加した合同企業説明会で、どれほど厳しい仕事なのか知っておこうという軽い気持ちで訪問したのがアイワホームでした。そこで、年に2回、花を持ってお客様を訪問するフラワーメッセンジャーなどを通して「一生のおつきあい」を実践していることに感動しイメージが一転。大学のOBがいきいきと活躍していることや転勤がなく石川県でずっと働けることにも魅力を感じ、志望しました。

入社後3カ月間は、研修としてすべての部署と支店を経験。工事部ではアイワホームの家づくりに加え建築の基礎知識も覚えなくてはならず、その量の多さに不安がよぎったことも。しかし今振り返れば、何の予備知識もなかったことで教えられたことを素直に吸収することができました。

今村 啓吾インタビュー 今村 啓吾インタビュー 今村 啓吾インタビュー

住宅営業の喜びと難しさを
同時に知った、3件目の契約。

印象に残っている契約やエピソードは?

初契約は営業になって1カ月目。お客さまは家を建てることが決まっていた友人でした。それからしばらくして「話していて楽しいから」と私を気に入っていただき、何の知識もないまま2件目も成約。結果的には完成後に内部を公開する展示場として社内でプロジェクトチームを組んだ大規模物件となり、思いがけない経験ができました。

信じられないほど恵まれたスタートでしたが、実力が伴っていなかったのは明らかで、その後1年間は、思うような結果が出せませんでした。諦めず前に進めたのは、調子がいいときも奮わないときも根気強くフォローしてくれた上司や先輩のおかげ。「フットワークの軽さと笑顔は誰にも負けない」と心に決めて接客するようになった頃、3件目のお客様と出会いました。

「アイワホームの良さを知ってほしい」という一心で、毎日ご自宅を訪問。玄関先での立ち話から室内に招いてもらえるようになり、ついには「ごはん食べていって」と言ってもらえるまでに。このとき、お客さまが心を開いてくれたという嬉しさや手ごたえと同時に、一件の契約をいただくことの難しさを痛感。住宅営業としての私の原点となりました。

チームで取り組む家づくり。
頼れる人がそばにいてくれる安心感。

アイワホームの住宅営業の特徴は?

当社の家づくりは、チームで行います。例え営業担当が私であっても、営業所内で定期的に行うミーティングには設計や工事といった他部署も参加し、当社としてベストな提案を全員で検討するのです。

以前は、お客さまの要望をすべて叶えることこそが営業の使命だと思い込み、立地条件はいいけれど狭い家や、予算内だけれど使い勝手がいいとはいえない家を提案しそうになったこともありました。先輩から「一人で仕事をしているのではない」と言われて初めて、私の仕事はただ要望を聞き入れるだけではなくアイワホームの営業としてときにはお客さまを説得しながら、いかに末長く心地よく住み続けられる住まいをつくるかなのだと気づいたのです。

住宅という大きな買い物を任された責任として、社員が一丸となって知恵を絞り期待に応える体制を整えているアイワホームは、社員である私から見ても信頼できるハウスメーカー。安心しておすすめできるということも、当社営業の特徴です。

今村 啓吾インタビュー
今村 啓吾インタビュー

出会いに感謝し、信頼に応える。
お客さまの存在が成長の力。

モチベーションを保つ方法は?

営業活動が思い通りにいかず落ち込むこともたくさんあります。そんなときは、自分を信じてマイホームという大きな買い物のパートナーに選んでくれたお客さまのことを思い出します。車で家の前を通っただけでもやる気がわいてくるほど皆さまとのつながりは私に力をくれるもの。この感覚は、住宅というずっとそこにあるものに携わる者だけが味わえる特権かもしれません。

多くの人にとって住宅は夢です。それを形にする私たちの仕事は、常にワクワクと大きなやりがいがある究極の営業職だと思っています。完成した家に、お客さまの笑顔に、何度涙したか分かりません。その度に、学生の頃思い描いた通りの働き方ができていることをとても幸せに感じます。近い将来、自分もマイホームという夢を実現し、その経験を生かしてもっとお客さまの気持ちに寄り添える営業担当に成長したいと思っています。

先輩社員の「とある一日」

今村 啓吾_朝掃除
8:10

早めに出社して、まずはお掃除。
晴れやかな気持ちで
仕事に取り組むことができます。

今村 啓吾_朝
今村 啓吾_研修会
10:00

新しい土地情報を確認。
同僚との意見交換も貴重な時間です。

今村 啓吾_ブレイクタイム
12:30

昼食をとったあとは、
コーヒーを飲みながらリラックス。

今村 啓吾_ミーティング
13:40

午後からはミーティング。
将来施工予定の展示会場について
細かなところまで話し合います。

今村 啓吾_ミーティング
今村 啓吾_営業電話
今村 啓吾_営業電話
今村 啓吾_営業電話
今村 啓吾_営業電話
今村 啓吾_広告会議
15:00

展示場の広告についての会議。
DMやフリーペーパーなど、
外部のスタッフと協力してアイディアを出し合います。

今村 啓吾_ロールプレイング
16:20

週末に開催される内見会場での接客練習。
お客様にどのように話すかを工夫します。
アイワホームのお家のよさを、
最大限に伝えたい。

今村 啓吾_デスクワーク
18:00

会社に戻ってデスクワーク。
今日は休日前なので、仕事が終われば
同僚と飲みに行ってきます!

今村 啓吾
東営業所今村 啓吾

2015年入社/学生時代のアルバイト経験から、人と触れ合える仕事を希望していた。アイワホームのお客様を訪問するフラワーメッセンジャーなどを通して「一生のおつきあい」を実践していることに感動、転勤がなく石川県でずっと働けることにも魅力を感じアイワホームを志望。

他の先輩社員の働き方を見る

越野 智博 2007年入社越野智博の働き方